FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
肩甲骨を動かすエクササイズを頑張っていたら、

肩の上部や前側が苦しくなったという男性。

行っていたエクササイズの方法論そのものは、

間違っていなかったようですが、

意識の向け方に誤りがあったようです。

肩甲骨を動かす上での大切なポイントの一つとして、

両腕を水平に挙げた際の両腕を結んだ水平軸の感覚があります。

この男性の場合、この感覚に狂いがあって、

意識も正しく向けられていなかったために、

思わぬところに不具合が起こっていたようです。

この男性の状態から、動作や意識の修正に使ったポイントは「肘」。

割とすんなり修正できて、

本人も肩甲骨や腕を動かしながら

「懐かしい感覚です」

と仰っていました。

意図しているものと、実際に行われている動作との間に誤差があると

痛みや違和感のもとになります。

とかく、うまく使えていないと感じている部位をエクササイズする場合には、

本人的には、「きちんとやっているつもり」に陥りやすいものです。

エクササイズなどを行う際には、この点にも注意して取り組みましょう。