FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
今回の記事によると、

「気圧が低いほど関節の痛みや腫れが悪化する」

ということの相関関係が明らかになったようです。

加えて、湿度も若干関係するが、気温との相関はなかったとのこと。

たんぽぽには、リウマチの既往がある方もいらっしゃったりしますが、

気圧の変化への対応も必須ですね。


迷信じゃなかった「天気悪い」→「リウマチ悪化」…京大グループが実証


 京都大付属病院などは、リウマチ患者の臨床データと気象庁の天候情報を分析し、気圧が低いほど関節の痛みや腫れが悪化するとの相関関係を明らかにした。従来、天気が悪くなるとリウマチの症状が悪化することは経験的に知られていたが、統計学的に実証したのは世界初という。米オンライン科学誌プロスワンに16日掲載された。

 同病院リウマチセンターの橋本求特定助教らは、リウマチ患者約2千人のデータと、気象庁が公開している天候情報を分析。気圧が低くなるほど痛みや腫れの悪化を訴える患者が多く、3日前の天気が最も影響することがわかった。湿度も若干関係するが、気温との相関はなかった。

 一方、炎症の程度を示す血液データと気象との相関はなかったため、天気がリウマチの進行に大きな影響を与えることはないと考えられるという。

 リウマチは関節に炎症が起きて痛みや腫れが出る病気で、国内に約70万人の患者がいるとされる。

 橋本特定助教は、「気圧と症状が関係する原因は分からないが、昔から患者さんが実感していることが統計学的にも事実だとわかった」としている。

【産経新聞 1月16日(木)】