FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
人間の体は、立体であるということを

決して忘れてはいけません。

自分の体を自分で観察する時、

自分の体に意識を向ける時などには、

多くの場合、自分の背面への意識が

おろそかになりやすいものです。

たとえば、腹式呼吸。

名称のイメージや、指導上の言葉によって

これを実践する際には、

どうしてもお腹(自分の体の前面)に

意識が集中しやすいものです。

“自分の体は立体である”ということを

忘れないのであれば、

腹式呼吸の際にも、自分の腰やわき腹が

どのように関わっているのかにも

注意が向けられます。

人間の体は、基本的に円柱形で出来ています。

楕円のようになっていたり、

球体に近い部位もありますが、

基本は、円柱形。

“自分の体は立体である”ことを忘れないということは、

円柱形を円柱形として扱うということになります。

日常的な動作、姿勢、各種スポーツ、エクササイズ、ストレッチ・・・

様々な場面で、ぜひ意識してみてください。