FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
腹式呼吸であっても、逆腹式であっても、

呼吸を行う際には、

息を吸うと肺に空気が送られ、

息を吐くと肺から空気が送り出されるという原則は

変わりありません。


方法は何であれ、

何かしらの呼吸法に取り組んでいらっしゃる方の多くは、

それぞれの技法(やり方)の方に意識がとられ、

肝心の空気の出入りの方への意識は、

希薄になっているようです。

腹式呼吸であれば、

息を吸うときにお腹が膨らんで、

息を吐くときにお腹がへこむ、

というやり方ばかりに意識が向いて、

空気の出入り(肺の動き)への感覚が

乏しくなっているようなのです。


もちろん、肺は、自分自身では

膨らんだりしぼんだりは出来ないものですから、

横隔膜などの呼吸筋の作用によって、

胸郭が可動することで、肺にも動きが生まれます。


呼吸の方法は、どのようなものであっても、

息を吸うと肺に空気が送られ、 、

息を吐くと肺から空気が送り出されるという原則に従えば、

一回一回の呼吸で確実に肺が空気で満たされ、

そして、送り出しているという実感は、

味わっておくべき感覚です。


それは、ちょうど、浴槽にお湯をためる時に、

浴槽の底の方からお湯がたまっていって

最終的には、浴槽の縁いっぱいまでためられていく

イメージと重なります。

呼吸の原動力となる方法は、

腹式でも逆腹式でも胸式でも、

息を吸い込んだら、

肺の下層の方から、空気が満たされていって、

大きく膨らみつつ、

最終的には、上部までパンパンになる、

そういう肺の動き、空気の動きを感じることも

大切なのです。


空気の動き、肺の動きにも注意を払ってみると、

ただの深呼吸でさえも、とてつもなく深い、深呼吸になります。

ぜひ、この感覚も味わってみてくださいね。