FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
緊張(コリ)やゆがみについて思うこと。


身体の中に出来ている、緊張やゆがみは、その人の歴史。

その人が、どのように身体を使ってきたのかの歴史。

その人が、どのような習慣の中で生きてきたのかの歴史。

その人が、どのような環境の中で過ごしてきたのかの歴史。

その人の、意識が、無意識が、本能が、どのように向けられてきたのかの歴史。

極論すれば、緊張やゆがみは、その人の『我』の現われ。

身体にある緊張やゆがみは、その人そのもの。


緊張やゆがみが、

その人が悩んでいる不調の原因になってしまっている場合でも、

それを「悪い状態(=悪いモノ・コト)」としてしまうのは、

その人そのものを否定している気持ちになってしまって、

あまり馴染めないんですよね。

実際、施術ではそれらを整えていくのですが、

何かの縁で、人さまのお体を拝見するにあたって、

言うなれば、ただの通りすがりのような立場の人間(施術者)が、

その人の緊張やゆがみを、

絶対的な「悪いもの」としてしまう見方だけは、

やっぱり、出来ないんですよね~。