FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
施術前の検査や術中、術後の変化の確認として

来院者さんに身体を動かしていただくことを、よく行います。

こちらから、動作を指示したり、

本人に自由に動いていただいたりと、

動作は様々ですが

動かすスピードには、個性がありますね。

これは、本人が、

普段から慣れ親しんだ動作の速さであったり、

心地よく動ける速さであったり、

注意深く自身の体を観察するための速さであったり、

動作のスピードを決定する要因は、いろいろありますけど、

主訴として、「動かしたときに痛い」という場合などでは、

本人が、どういう速度での動作を指しているのかも、

把握しておかないと、すれ違いが生じてしまいます。

「ゆっくり動く」という場合でも、

人によって本人が思う「ゆっくり」の速度は異なります。

これは、もちろん「普通に動いたときに」でも「速く動かしたときに」でも

同様です。

施術者目線でいえば、

こういう個人の感覚の違いにも、注意を向けながら施術すると、

色々な発見もあって面白いものですよ。