FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
来院者さんから聞いたお話。

日本の伝統的な芸道で、立ち上る香木の香りを鑑賞する「香道」。

その香道では、香りは嗅ぐのではなくて、『聞く』と表現するそうですね。

また、香道では香木の香質を味覚にたとえて、

辛(シン)・甘(カン)・酸(サン)・鹹(カン・しおからい)・苦(ク)の5種類に分類するとのこと。

これを「五味」というそうですが、

香りを聞く=聞香(もんこう)

味覚にたとえての「五味」

香りを嗅覚のみで味わうのではなく、

他の五感的表現を用いているところに

非常に興味をもちました。

最近、五感について関心が高かった中でのタイムリーなお話。

ありがとうございました~