FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
伝統医学的に、体には、

夏モードと冬モードがあると言われています。

外気の暑い夏では、体内に熱がこもらないように、

発汗などで、熱を放出する仕組みが強まります。

一方、外気の冷えている冬では、体内で、より多くの熱をつくりだし、

熱が外に逃げないように保とうとする仕組みが強まるとされます。


春や秋は、それぞれ、

冬モードから夏モードへ(春)、

夏モードから冬モードへ(秋)

の切り替わりの時期になりますから、

体の調子も、いささか不安定となります。


季節の変わり目に調子が崩れやすいという方は、

天候、日照時間の変化、気温・湿度・気圧などの変化に

うまく適応させることだけではなく、

体のモードの切り替わりがスムーズにいくよう、

食べるもの、着るもの、室内の管理などを

心掛けておくといいでしょうね。