FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
本日は、全国的に夏日や真夏日になったところが多かったようですね。

盛岡でも、28度まで上がり、半袖姿の方が多くみられました。

北東北ではありますが、実は意外に暑い盛岡なのでございます。

さて、このように、一気に気温が上がると怖いのが、熱中症。

暑さに慣れていない時期に多くなる傾向があるそうです。

まさしく今の時期ですね。

特に、「気温が高い」「湿度が高い」「風が弱い」「急に暑くなった」

といったときは注意が必要とのことです。


環境省の熱中症環境保健マニュアルによると、

日常生活での注意事項として、以下のことが挙げられていました。

・日陰を選んで歩いたり、帽子をかぶる、日傘をさすなどして暑さを避けましょう。
・吸汗・速乾素材や涼感素材の衣料を活用するなどして服装を工夫しましょう。
・のどが渇く前にこまめに水分を補給しましょう。
・人間が上手に発汗できるようになるには暑さへの慣れが必要です。
 まだ慣れていない、急に暑くなる日に注意しましょう。
・暑さに備えた体作りをしましょう(汗をかかないような季節から、
 少し早足でウォーキングするなどして、汗をかく機会を増やしていれば、
 暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります)。
・風邪などで発熱している人、下痢などで脱水状態の人、肥満の人、小児や高齢の人、
 心肺機能や腎機能が低下している人、自律神経や循環機能に影響を与える薬物を飲んでいる人は、
 熱中症に陥りやすいので暑い場所での運動や作業を避けましょう。
・集団活動の場ではお互いの体調に配慮しましょう。


こちらに詳しく書かれておりますので、ご参考になさってください。

熱中症環境保健マニュアル(PDF 8.2MB)