FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
先日の話。

継続して施術させていただいている女性との一コマ。


この女性、実は、ある自己免疫疾患を患っていらっしゃって、

そのうえでのお体の機能回復の施術をさせていただいております。


この春ぐらいまで、かなりの不調で、とても苦しまれました。

物凄く。


それが、

ここにきて、復調してきて、自然な笑みもこぼれるようになってきました。

とはいっても、疾患が完治したわけではありません。

自身の体のこと、ご家族のこと、仕事のこと・・・

抱えているものは、依然山ほどあります。

・・・でも、何かが切り替わったようです。

振る舞いが、かなり自然になってきました。


そのような様子を見て、

「これまでの不調や、辛さが糧になりましたね」と私。

「そうですね~」と女性。



辛い症状の渦中にいる時は、まさしく必死です。

その時の体や心の在り方。

自分自身へ向けられたさまざまな思い。

周囲へ向けた様々な感情。


それらと、うまく向き合いきれなかったりすると、

それはトラウマにも似た重しを心身に残していきます。

でも、苦しさの中でも

これらとちゃんと向き合って、歩んでこれたら、

それらひとつひとつが糧になります。


耐え難い痛みや、逃れられないなどの苦しさも、

後で振り返った時に

「あれが糧になった」

と思えるような復調への歩み方があります。


そのようなサポートを

"たんぽぽ"にいらしている皆さんに提供をできるよう、

日々精進していきたいと思います。