FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
全国的に、冷え込みの厳しい日が続いておりますので、

いつもよりも熱めのお風呂に入って、しっかり温まりたくなりますが、

温度を高くすればいいということでもなく、その危険性も知って

おかなくてはいけませんね。

お風呂の温度は41度以下に」と、消費者庁は提唱しているようです。

高齢者の入浴中の事故防止のための呼びかけということですが、

高齢者の方に対してということだけでなく、

冬場のお風呂の入り方には気を付けたいですね。

ご参考にどうぞ。


「風呂は41度以下に」など、安全に入浴する5カ条

高齢者の入浴事故防止を呼びかけ―消費者庁

 冬場は脳卒中や心筋梗塞とともに、高齢者の入浴中の事故も起こりやすい季節。厚生労働省の調査によると、年間約1万9,000人が入浴中の事故で死亡しており、そのうちの約半数が12~2月の3カ月間に発生しているという。消費者庁は1月20日、高齢者の入浴事故を防ぐために注意を呼びかけ、「風呂の湯温は41度以下」や「湯につかる時間は10分までを目安にする」など、安全に入浴するための5つの注意点を紹介した。

風呂場でぐったりしている人を見つけたら...

 消費者庁によると、家庭の浴槽で溺死した人はこの10年間で約7割増え、2014年は4,866人。そのうち、65歳以上の高齢者が約9割を占めている。65歳以上の溺死者は10万人当たり19.0人になり、フランス(3.5人)、米国(1.5人)、イタリア(1.1人)、英国(0.5人)と、欧米に比べて大幅に多いという。

 そのため同庁は、安全に入浴するための5カ条を紹介した。

1.入浴前に脱衣所や浴室を暖める
2.湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安に
3.浴槽から急に立ち上がらない
4.アルコールが抜けるまで、また食後すぐの入浴は控える
5.入浴する前に同居者へ一声かけ、入浴中に見回ってもらう

 また、意識を失って溺れるなど、浴槽でぐったりしている人を発見した場合の対処法として、以下の6点を挙げている。

1.浴槽の栓を抜き、大声で助けを呼び、人を集める
2.入浴者を出せるようであれば浴槽内から救出し、直ちに救急車の出動を要請する(出せないようならば、風呂のフタに上半身を乗せるなど沈まないようにする)。
3.浴槽から出せた場合は、肩をたたきながら声をかけ、反応があるか確認する
4.反応がない場合は呼吸を確認する
5.呼吸がない場合には胸骨圧迫を開始する。胸の真ん中を約5センチ、1分間に100~120回のテンポで押す
6.人工呼吸ができるようであれば、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を繰り返す(できなければ胸骨圧迫のみ)(2016年01月22日:Medical Tribun)