FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
本日の営業も無事終了。


さて、本日の最後の来院者さん。

主訴とは別に、こんなチェック。

「目を閉じて、体の前で、両手を合わせてみてください」

(来院者さん、目を閉じて、両手を胸の前であわせる)

「それでは目を開けて、鏡をご覧ください」

「えぇーーーー!」

本人曰く、自信を持って真ん中で合わせたつもりが、

大きく左にずれていて、びっくりしたとのこと。

自身の身体感覚と、実際のずれは、こういう簡単な方法でもチェックできます。

このような身体感覚のずれは、

自分がイメージしている動きと実際の動きとの誤差となるので、

普通に動かしているつもりが、

本人的に自覚のないままに、

意図したものと大きく外れた動きとなってしまいます。

そして、その繰り返しが、痛みや機能障害の原因にもなったりします。

よくある骨盤矯正や骨格の調整などを施術者がどんな上手に行っても、

使う本人の身体感覚にエラーがあれば、結果は目に見るより明らかです。


身体感覚は、こればかりではありませんが、

どのように使うかの前に、どのように感じているかが大切なんですよ。