FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
立つとき、

歩くとき、

かかとや母趾球、小趾球の使われ方には、

その人なりの個性ともいうべき、習慣があらわれます。

そして、足の指にも。



さて、本日来院された女性。

立位や歩行の状態を拝見すると・・・

足の指は、どこに行ったの~??


立つときも、歩く時も、

足の指は、お仕事を放棄。


これでは、膝だって、背中や首や肩だって、不具合が生じます。


立位で、足の接地感を強めた状態で、

試しに、首や肩、腕を動かしてもらうと、

楽に動くし、可動域も広がる。

接地のバランスを本人の普段通りに戻すと、

明らかに動きが悪くなる。


施術では、足の指まで使えるような立ち方、歩き方が

出来るようにしてみました。


施術後、まだ慣れない感じもあったようですが、

あとは、本人の体が、どちらの方が快適か、選択する・・・はず。