FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
病院で、画像上は問題ないと言われたような症状でも、

何かしら原因があるから、痛みというSOSが出ているわけです。

私たちのような手技療法は、

ほとんどの場合、

画像には映らないような何かしらの要因を対象にしているわけで、

そのあたりが、

「病院ではよくならなかったけど、たんぽぽでよくなった」

と言われる所以で、

特別何かすごい魔法があるわけでもなく、

単純に扱っている対象が違うだけなんです。

そのあたりがわかっている来院者さんは、

病院や接骨院などと

たんぽぽを上手に使い分けていますし、

医師の方が多く足を運んでくださるのも、

そういう立ち位置の明確な違いゆえだと思っております。


画像上問題がないと言われたものが、たんぽぽでその理由がわかったとか、

ほかの治療法でよくならなかったものが、たんぽぽでよくなったというのは、

言ってしまえば、そもそもの視点の違いなんです。

特別な眼力や魔法があるわけではなく、

ただそれだけのことなんですよ。