FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
「肩甲骨を動かしたい!」

あるいは

「肩甲骨を動かすようにしています」

という方々が増えております。

とくに、何かしらの運動をしている方にとっては、

そういう意識が当たり前になってきているんですね。


さて、その「肩甲骨を動かす」ですが、

ほとんどの方々、

あなたの意識の向け方、違っていませんか?


「肩甲骨を動かす」という場合、

肩甲骨“を”動かすわけですから

肩甲骨は、移動する部位です!

意識を向けて力を込める場所ではありません。


肩甲骨への意識が、肩甲骨の移動を感じるものであればOK。

しかし、肩甲骨自身に力を込めるような意識の向け方はNG。

「肩甲骨を動かす」という場合、肩甲骨は移動する側です。

肩甲骨を移動させるための力の源は、

肩甲骨自身ではなく別の場所にあります。


たとえば、「膝を動かしましょう」という場合、

膝を動かす(曲げる、伸ばす)力の原動力は、

ほとんどが大腿部の筋肉となります。

力の源は、大腿部。

動くのは、膝。

やってみるとわかると思いますが、

膝を動かしたいからといって、

膝自身に力を込めても、力んでしまって

スムーズな動きは起こりません。


「肩甲骨を動かす」もこれと同じことです。

肩甲骨を動かすための力の源は、別の場所です。

一か所ではありませんが、

それらを使うことによって

肩甲骨は移動する、つまり動くのです。