FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
ほぼ開業当初から来ていただいている来院者さん。

肩がつらくなると、そこをギューッと押さずにはいられなかった・・・

仕事中も、肩をすくめ、息を止め、食いしばり、そして、周囲が気になって仕方がなかった・・・

5の力で済むのであれば、単純に5の力を出せばいいものを、

10の力を出さないと、やっているという実感がもてなかった・・・

これでは、日々がしんどくなるばかり。


肩がこったからといって、肩を強く押せば根本的に良くなるわけでもなく、

体はつながっているのだから、

体が整うために、楽になるために、より自然体であるために、

整えるべきところを、変化に必要な刺激、方法で施術すれば、

おのずと、復調へと向えるのに、

素直にその道のりを歩めない・・・

強く押さないと、満足できなかった・・・

その結果、いつも同じような不調、つらさとのいたちごっこ。

途中、心身のバランスも行くところまで行っちゃった、という時期もありました。


だいぶ前に、

「これまで、いろいろな所で、そういう強く押す方法で、

 施術してもらっても、根本的に良くはなってこなかったですよね。

 根本的に良くなっていくためには…云々」

とお伝えしました。


アタマでは分かっていても、

「こったところは、そこを押さないと緩まない」

「私の体は強く押さないとダメ」

なんていう「とらわれ」から

抜け出せてこれなかったんですよね。


それが・・・

必要なところを必要な方法で整えていくことで、

体が変わっていく

動けるようになる

楽でいられる

そういう感覚が、少しずつ芽生えて、

アタマではなくカラダでその意味を実感し始めた時、

何か大きな歯車が回りだしました。


そこで得られた、

日常の中での“充実感”というギフト。


ここに至るまでは、とてつもなく時間がかかりました。

これは、この方が悪いわけでもなく、

そのまま私の力不足ゆえになのですが、

でも、

ここに至るまでの過程で

お互い手にしたものは、

とんでもないぐらい大きいのではないかと、

思う次第です。


今日の施術は、ほぼ「左足」のみ。

でも・・・

これが、肩こりでもなんでも、全身の復調につながっていく~

のです!!