FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
※2017/1/23のブログの続きです。

あなたの体の中で、調子のいいところはどこですか?

この問いに、迷ってしまった方、困ってしまった方って、

実は意外に多いのではないかと思います。


「調子が悪いところはどこですか?」

と問われれば、答えやすい方も多いと思いますが、

調子がいいところと言われると、

即座に答えられる人の方が少数派かもしれません。



自分の体の中で、

調子がいいところ、機能的に、感覚的に、

ちゃんと安定しているところを

見出しにくかった方は、

いっそのこと安定の基準を自分の内側に求めるのではなくて、

外側とのつながりに求めてみてはいかがでしょう。


具体的には、

「地面との接地」です。


自分の体の中に

安定の基準を見つけにくい、あるいは設けにくいのであれば、

地球上で暮らす私たちにとって、

拠り所にしやすい基準、

つまり地面を自分の安定をはかる基準にしてみると良いのです。


そして、接地を基準に自分の体を眺めてみると

痛いとかしびれているというような症状の状態で

はかる体への眼差しとは別に

どこがちゃんと機能していて、どこに不具合があるのかも

把握しやすくなるのではないかと思います。



接地といっても

たんぽぽでは、

特に、左足の接地感を基準にすることをおすすめしております。


この接地の在り方。

基準としての接地を可能にする左足の機能。


これを基準に、体を眺め、

内在している不具合を順次整えていくと、

一段一段復調の階段を登っていけます。


何故、左足か?

これには、様々な理由があるので

ここでは割愛しますが、

不安定な状態、機能的、感覚的に乱れた状態に慣れ過ぎてしまった方は、

左足の接地を安定の基準にしていくと良いと思いますよ。