FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
肩こりがあるとき、辛く感じる肩が、悪いところなのだろうか。

腰痛があるとき、本当に腰そのものが問題なのだろうか。

ひざの痛みが、変形に起因しているとしても、

変形を招いたのは、膝の責任だろうか。


多くの場合、症状を感じている部位は、被害者。

そこに症状が起こる要因は、

別の部位にある不具合のせいであることが多いものです。


本人は自覚していなかった不具合による影響が、

積もり積もって、自覚したのが、

辛く感じている肩だったり、腰だったり、変形した膝だったりするわけです。


実際の不具合と症状を感じる部位が異なるというようなことが起こるのは、

身体感覚のずれがあるためです。


こうした身体感覚の誤認、失認を正さないと、

根本的には、何も変わらないわけです。


ヒトの体の仕組みとして、脳科学的にも、

ちゃんと感じるからこそ、ちゃんと動かせるものなので、

身体感覚を正すということは、ものすごく大切です。