FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
水泳でもランニングでも、何かしらフォームを修正したい時、

ついつい上手く出来ていない動作そのものに意識を向けて、

そこに修正をかけようとしがちです。


例えば、クロールで右腕がうまく上がらないという時などには、

「右腕を上げる」という動作に意識を向けて、

右腕が狙った軌道になるようにする

といった感じですね。

もちろん、こういう意識付けや取り組みも間違いではないんでしょうけど、

上手く出来ていない動作がある場合には、

そのひとつ前の動作にも意識を向けてみることもお忘れなく!


「右腕が上がらない」という場合には、

そもそも右腕が上がっていく動作の前段階の動きや姿勢が、

きちんとなされていなくて、

そういう状態であれば、どうやっても右腕が狙った軌道にはいかないよね~

ということも多いのです。

右腕がきちんと上がるための準備の時点で

何かしらの狂いがある、準備が出来ていない

というイメージでしょうか。


春の大会前で、フォーム固めや修正の最終段階という方も多いようですが、

こうした点にも意識を向けながら、

大会に向けて準備なさるとよいのではないかと思いますよ。