FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
最近は、

長距離を走る際のフォームや動作について

さまざまな方法が言われていますね。

例えば

接地に関しても

かかとから着くとか、

フラットがいいとか・・・


腕振りについても、

肩甲骨を上下させない方がいいとか、

腕を引いた時に肩甲骨が上へ動いて

前方に腕を振りり出すときに

肩甲骨が落下することも推進力に変えるとか・・・


どのように動くかという点については、

個々に合わせてというところが

原則としてあるんでしょうけど、

走り方ひとつで

上記のような異なった理論や動作方法が

あれこれ飛び交っている時代ですから

指導する側もされる側も

すごく大変だろうな~