FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/05

膝痛などで、医師から、

「歩くなど、適度な運動をしてください」

と言われることってありますよね。


そのような時、

適度な運動をした方がいいのはわかるけど、

動くと痛いし・・・でも、動かないとだめだと言われるし・・・

痛みが無くなれば動けるけど・・・痛いから動きたくないし・・・

それとも、痛いのを我慢して、無理をしてでも動いた方がいいのか・・・

どうしたらいいのだろう

ということに悩むことがあります。


よく耳にするジレンマですね。


さて、痛みの問題と運動、どちらを優先したらいいのか。

個々の状態に違いはあるので、ケーズバイケースですけど、

“たんぽぽ”では、よく

この両者のどちらかを選択する前に、

感覚の回復を優先にしましょう

とお伝えしています。


人間の体は

「感じる(=感覚)こと」と「動くこと」の

両輪で機能しています。

そして、私たちが「動く」場合、

それに先立って「感じる」が行われているものです。

これほ、ほとんど無意識で行われています。

つまり

感覚 ⇒ 運動

という原則の中で、私たちは日々の活動をしているのです。


自分が置かれている場や、

働きかける対象、

そして自身の体を

感覚していることが前提としてあって、

その中で表現されているのが、自分の「動き」なのです。


膝でも、他の部位でも、

痛みがあって動かせない、あるいは、動かすと痛い

という時には、きちんと(=本来備わっている機能通り)動かせないわけです。

その場合、「動く」の前提となっている

「きちんと感覚すること」にも、

感覚の鈍さや誤差、錯覚が生じているものです。

感覚には、自身の外への感覚(場や対象など)と内面への感覚(=身体感覚)

がありますが、

これらの何かに不具合が生じているのです。


感覚 ⇒ 運動

という仕組みは、

ほとんどが無意識下で処理されているので、

実感することはあまりないかもしれません。

ですが、私たちは、

きちんと感覚できているからこそ、

きちんと動くことができる(動かすことができる)のです。



痛みをとることが先? 運動が先? どうしたらいいの?というとき、

もしあなたが、この二択でお悩みなら、

「感覚を回復させる」

という、新たな選択肢を選んでみましょう。

すると、

「痛み」や「動き」についての問題も、

解決の流れに乗ることが出来ますよ。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/4303-63741a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック