FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/05

首や肩周辺に不調がある場合や、精神的な緊張が高い場合などでは、

概ね肩が上がっている傾向がありますよね。

そういう場合、

「肩を下げればいいですか?」

と聞かれることが多いのですが、

ちょっと違うんですね。

言葉遊びのようでもあり、屁理屈っぽくもあるのですが、

肩は、「下げる」のではなく「下がる」のが正解かと。


下げるだと、上がろうとする内部の力はそのままに、

新たに、下げようとする力を加える行為。

下がるは、上げようとする力が存在する必然性がなくなったことで、

自然に下がってくる状態。


下げるために、(上がろうとする力以上の)力を足すのか、

下がるために、(上がろうとする)力の源を引くのか、

の違い。


足すのか、引くのか。

多くの方は、とりあえず、足すことをしがちです。

足すことばかりしていると、どんどん余裕がなくなっていきます。

起こっている状態の背景がわかって、

足すことだけではなく、「引く」という方法論も理解できて、それが実践できれば、

どんどん自然体に近づいていきます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/4317-0135c25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック