FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/08

トリノオリンピック、女子フィギュアスケートで金メダルを獲得した荒川静香選手の代名詞ともいえる「イナ・バウアー」。

それまで、フィギュア・スケートになじみがうすかった私も、今回のオリンピック中継やニュースなどですっかりこの技の名前を覚えてしまいました。
実際、フリーの演技での荒川選手の「イナ・バウアー」は、その優雅さにすっかり魅了されてしまいました。

この「イナ・バウアー」に魅せられたのは、どうやら私だけではなかったようで、中高生もこぞってマネしているようですね。
TVなどでも「イナ・バウアー」をマネて、急性腰痛になるケースが急増していることから、注意を呼びかけていましたよね。

そんな中、本日「イナ・バウアー」のマネをして膝を痛めたという女子中学生が来院。

火曜日に学校の休憩時間に「イナ・バウアー」をしたところ、膝を傷めたとのこと。
その後、病院へ行き、二日が経過したところで当院に来院されました。

膝内側にまだ炎症による腫脹(はれ)が残っていたため、無理をかけないように、アイシングの後、大腿直筋、外側広筋の過緊張と脛腓関節の機能障害を調整しました。

膝を深く曲げると、腫脹している部分に、まだ違和感が生じるようでしたが、それ以外は落ち着いたようです。

腫脹が落ち着く頃に来院いただき、再度調整する予定です。

そもそも「イナ・バウアー」ってドイツの選手の名前のようですが、その名がついた技自体は、前足を曲げ、後ろ足を伸ばした状態で滑るというもののようですね。
身体を大きくのけぞらせるのは、荒川選手特有の表現のようです。
それも、あれだけの身体の柔軟性があってはじめて可能なわけで、いきなり素人がやったのでは、無理がかかってもいた仕方がないといったところでしょうか。
(それでもやってみたくなるのが、「人間の性」っていうやつかな)

今回の膝痛だけではなく、TVでの指摘のように、腰痛にもなりやすい姿勢ですので、くれぐれもご注意を。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/4964-1ca65bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック