FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
盛岡は今日も気持ちのいい青空。
こういうときはカラダを動かしたくなります。

カラダは動かしてこそ。
運動をして、カラダを刺激すると、ココロも健康に!!


心の健康に与える運動の効用

スマートな体形を維持し、さわやかな気分を味わいながら、依存症やうつ病、ストレスやアルツハイマー病を撃退する方法があったならばどうだろう? メンタルヘルス(心の健康)の治療は、あなたの足元、つまり運動から始まる。
体の健康と心の健康の密接な関係は、研究を重ねるごとに明らかになってきているが、肉体の健康を保つ鍵である運動は、心の健康にも重要なようだ。米ジョージ・メイソン大学(バージニア州)心理学教授で心身の健康の専門家であるJames Maddux氏は「運動は最良の非薬理学的な抗うつ治療法であり、ある種の薬剤より有効だとする研究もある。また、抗不安治療にもなる」という。
ランニングや水泳などの有酸素運動(エアロビクス)は、エンドルフィンという神経化学物質の正常な分泌を促す。米ニューヨーク大学医療センター内科医のMarc Siegel博士は「これは天然のストレス撃退物質だが、運動による効果はエンドルフィンの分泌以上にある」という。同博士は「運動はエネルギーの方向転換をする活動。ストレスは運動不足や考えすぎが解放せずに溜まって発生するが、運動は肉体を解放して精神的不満を解消してくれる」と述べている。
定期的な運動は、喫煙者がたばこ依存を断ち切る助けにもなる。米ブラウン大学の研究では、禁煙プログラムに参加した女性で、1年以上禁煙し続けている人は、運動しない人よりもする人で2倍以上多いことが明らかになった。研究者は、運動が禁煙のストレスを軽減したと見ている。さらに運動は、禁煙による体重増加も防ぐというおまけまでもたらした。
健康的で活発な肉体は、脳への血流を改善させ、アルツハイマー病リスクを軽減するともいわれる。Siegel博士は「運動が脳への血流を増加させることは間違いない」と説明する。最近の米国のある研究では、最低限の運動を少なくとも週3回する高齢者は、アルツハイマー病やその他認知症の発症リスクが30~40%まで軽減することが明らかにされている。
そこで専門家からのアドバイス、「外へ出て、体を動かしなさい」。
(HealthDayNews 2007.01/05)




依存症やうつ病、ストレスやアルツハイマー病を撃退する方法となれば、薬に依存しきるより、よほど運動を心がけた方がいいと思うのですが。
お薬は、命を守る切り札!
その切り札は、可能であれば常用したくないものでもあります。

運動することで、カラダとココロは、健康になれるんです。

さぁー カラダを動かそう!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5161-e2f97524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック