FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/08

巷では参院選の話題でもちきりですが、あえてこんな話題。


キッスのP・スタンレー、心拍数190超え公演見合わせ

[ロサンゼルス 28日 ロイター] 米人気ハードロックバンド、キッスのボーカル兼ギタリストのポール・スタンレー(55)が27日、米カルフォルニア州で行ったショーのリハーサル中に心拍数が通常の2倍以上に達したため、ショーへの出演を取り止めた。自身の公式ウェブサイト(http://www.paulstanley.com)で明らかにした。
 ロサンゼルスの東145キロにあるサンジャシントのカジノで同バンドがリハーサルを行っていた際に、頻脈に見舞われたという。
 スタンレーは、自身のウェブサイトに「私の心拍数は1分間に190拍を超えるほどになった。この状態が1時間以上続いたので、救急救命士を呼んで、一瞬心臓を止め、通常の状態に戻さなければならなかった」とコメントした。
(7月29日 ロイター)



運動負荷を上げていき、もうこれ以上がんばれない時の心拍数が最大心拍数(HRmax)といいますが、これは、運動負荷の上昇に伴って増加する心拍数を運動強度の指標として用いられます。
一般に、心拍数は心拍計で測定しますが、以下の計算式でもおおまかに推測できます。

・最大心拍数=220-[年齢]
 (トレーニングを重ねている人では、210-[年齢])
・最大心拍数=204-0.69×[年齢]
・最大心拍数=214-0.8×[年齢(♂)]
        209-0.7×[年齢(♀)]
・最大心拍数=1.1×[安静心拍数]+115

ポール・スタンレーは55歳ですから、おおまかに155~170あたりが最大心拍数の目安になるかと思いますが、190が一時間続いたというのは、かなり心臓負荷が高い状態が続いたということになります。
それにしても、大事にいたらなくてよかった。

もし、心拍数の過剰な増加を感じたら、すぐに病院へGOです!
心臓などに特別問題がなければ、それに越したことはありませんからね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5365-f73cd201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック