FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/09

昨年10月以来の来院の男性。
昨年は背部痛や腰痛に伴う下肢のしびれで施術しましたが、今回はその症状ではなく、首・肩のコリと右腕外側から母指・人指し指にかけての感覚低下をともなうピリピリとしたしびれの症状とのこと。

2・3か月前に発症し、病院では「第5頸椎にズレがあって神経を圧迫している」と診断され、数回頚椎のけん引をしましたが、現在まで続いているとのこと。

しびれ症状の誘発は、やはり第5~6頸神経レベルで起こっていて、頸椎椎間孔(神経が出入りする骨と骨の間)周辺と、腕の神経の束である腕神経叢の通り道である斜角筋周囲でトラブルを起こしていました。


通常、しびれからの回復においては、触れたときの感覚(触覚)に先立って痛みを感じる感覚(痛覚)の回復が起こります。
そのため、触れて鈍い感覚(触覚)よりもピリピリなどの感覚(痛覚)のほうが先に回復するので、場合によってはピリピリ感をより鮮明に感じ、一見悪化したかのように錯覚することもあるので、事前にそのことについても説明。
昨年の下肢のしびれの施術でも同様の説明をしていたので、覚えていてくださったようでしたけどね。


今回は、首を右に倒すとしびれ症状が強くなることから、この反応を目安に施術。


施術後、安静時にも感じていたピリピリとしたしびれは消失。
もちろん首・肩のコリ感もよくなってくれました。
首を右に倒しても耳が肩にくっつくところまで傾けてもしびれ症状の誘発はナシ!!

しびれ症状の回復は痛みに比べて、数回の施術が必要なことが多いのですが、今回はいい具合に回復できたようです。
よかった よかった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5388-e23479ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック