FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/09

毎年1種類のペースで未知の病気が発生しているの?
既存の疾患が抗生物質への耐性を強めて、既存の薬が効きにくくなっているモノもあるし・・・

人間が病気のもとを作り出して、それで自分たちの首を絞めているという側面もありますから、環境問題なども含め、もう少し将来に向けての今のあり方というものを考えていかないと。
未来へ引き継ぐものが、負の遺産ばかりじゃ申し訳ないですから。



未知の病気39、毎年1種類67年以降に発生…WHO報告

世界保健機関(WHO)は23日、2007年の「世界健康報告」を発表、1967年以降、毎年1種類のペースで未知の病気が発生しており、一世代前には存在しなかった病気が少なくとも39種類見つかったことを明らかにした。
 同報告によれば、これらの新種の病気は、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)や鳥インフルエンザ、エボラ出血熱、エイズウイルス(HIV)など。
 また、同報告はグローバル化に伴い人やモノの移動が激増する中、世界各地で過去5年間、約1100件の伝染病の流行があったことも指摘した。
 既存の疾患が抗生物質への耐性を強める傾向もある。WHOは特に、既存の薬が効きにくいタイプの結核の流行を懸念している。
(8月23日 読売新聞)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5392-e125e9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック