FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
診断をする上で、不必要な検査は、医療費の増加を招くので、極力しない方がいいのですが、実際お医者さんのところに行って、MRIやCTも撮ってもらわないで診断されると、「ちゃんと診てくれない」という不満にもつながることもあるようで・・・

とはいっても、画像診断なしで鑑別できてしまう腰痛が85%にも上るわけです。

画像上異常が認められない腰痛の場合、「筋力をつければ・・・」とか「休めば治る」というように言われてしまうことも多いのではないでしょうかね、おそらく。

画像上では映し出せない要因に目を配ると、意外と簡単に解決できることも多いのですが・・・


腰痛治療の新しい合同ガイドライン

米国内科学会(ACP)と米国疼痛学会(APS)は、非特異的な腰痛に対し、MRIやCTなどの画像診断や他の診断検査をルーティーン(日常的)に実施すべきではないとする新しい合同ガイドラインを発表した。

今回のガイドラインには、プライマリー・ケア医が、患者情報を初診時に収集し、解釈するための、指導内容が含まれている。それによると、患者は下記の3種類のカテゴリーに分類される:

・患者の85%を占める非特異的な腰痛。

・脊柱狭窄、坐骨神経痛、脊椎圧迫骨折など脊柱の疾患が原因と疑われる腰痛。

・癌(がん)など、特定の疾患が原因と考えられる腰痛。

同ガイドラインは、医師はMRI、CT、X線診断などの診断検査は、重篤、もしくは進行性の神経障害や感染症、癌などが疑われる場合にのみ実施すべきだとしている。ガイドラインは、米医学誌「Annals of Internal Medicine」10月2日号に掲載された。

また、今回のガイドライン策定メンバーである専門医らは、急性、および慢性腰痛に対する薬物療法と非薬物療法もレビューしており、APSのRoger Chou氏は「レビューしたほぼすべての薬剤では、効果は認められるもののリスクも存在する。また、薬物療法を望まない患者には、鍼(はり)、脊椎整復術、マッサージなどの非薬物療法があるが、ファーストライン(第一選択)治療として推奨できるほどの効果が認められたものはない」と述べている。

(2007年10月2日/HealthDayNews)



上記の記事で記載がもれていた内容も紹介しましょう。


薬物治療を考慮する際には、有効性が証明されており、自己治療や腰痛教育と一緒に使用できるような薬剤を選択すべきである。
患者に薬物治療を開始する前に、初期状態としての疼痛と機能脱落について評価しておく必要がある。
第1選択薬としては、ほとんどの患者においてアセトアミノフェンかNSAIDが望ましい。

自己治療で改善が見られない場合は、有効性が証明されている非薬物療法の追加を考えるべきである。
急性腰痛に対しては、脊椎徒手整復が唯一の治療法である。
慢性・亜急性の腰痛に対して有効性が証明されている治療法は、集学的な集中リハビリテーション、運動療法、鍼治療、マッサージ、脊椎徒手整復、ヨガ、認知行動療法、段階的リラクゼーションである。



ここでいう「脊椎徒手整復」とはカイロプラクティックなどに代表される「マニュピレーション」と呼ばれるような矯正法のことであろうと思われます。
ぎっくり腰のような急性腰痛に効くのはカイロプラクティック!ということが示されているというのは、これに携わるものとして非常に喜ばしい限りです。
慢性腰痛ならば、数多ある治療法の中の一つとして効果もあるようですしね。

このような医師向けのガイドラインに「急性腰痛ならカイロプラクティックが効果的」「慢性腰痛にも有用」「薬物治療を好まない場合、カイロプラクティックもその選択肢の一つになりうる」という事が示されたことの意味は、とてつもなく大きいです。
このガイドラインに載っているということは、科学的根拠があってそれらに効く、ということですから。


当院にも医師の方々が多数いらしていますが、残念ながらいまだに整形外科のドクターはゼロ。

整形のお医者さんたちの見方も変わってくれるといいなー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5454-010c17ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック