FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
昨日の常識、今日は・・・・

「プール後洗眼は悪影響」 塩素が角膜損傷 国内研究チーム発表

 プールで泳いだ後に目を洗うのではなく、ゴーグルを-。水道水の消毒に使われている塩素が角膜を傷つけ目に悪影響を及ぼすことを、石岡みさき医師(両国眼科)、慶応大学眼科などの研究チームが実験で明らかにし、米国の眼科学専門誌に発表した。

 学校現場で当たり前に行われる水泳後の洗眼は、かえって目にダメージを与える恐れがあり、研究チームは「洗眼はやめてゴーグルで保護した方がいい」としている。

 実験は、健康な男女各5人を被験者として実施。250ccの(1)体液と浸透圧が同じ生理食塩水(生食)(2)水道水(3)生食に塩素を加えたもの-で目を洗い、角膜の状態などを複数の方法で調べた。

 この結果、(1)~(3)のいずれも目を洗う前と比べて角膜上皮の傷がやや増えたが、塩素入り生食の場合に顕著だった。また、目を保護する粘液の成分が、水道水および塩素入り生食で洗ったときに減少し、生食では減らなかった。

 さらに、色素の透過量で角膜上皮のバリアー機能を調べる検査では、塩素入り生食の場合のみ低下が認められた。

 これらの結果から、浸透圧ではなく塩素が目に悪影響を与える主な原因と結論付けた。研究班の加藤直子・慶大非常勤講師は「強酸や強アルカリなどが目に入ったとき以外、目を洗う必要はない。プール後の洗眼は、さらに傷を広げる可能性があるのでやめた方がいい」としている。
(3月1日 産経新聞)


スパやスポーツジムなどで今では1年中プールで泳ぐことができますが、プールの後には目を洗う、ということを行っている方は多いと思います。
実際、私も水泳の授業で、プールの後は目を洗うようにと習っていたわけですが、目を洗うことで、かえって目を保護するための粘液成分が減ってしまうんですね。

これまで常識とされていたことが、研究が進むと、逆効果だった、ということはよくある話ですね。
そのあたりは、柔軟に対応していかないといけませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5670-520f9fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック