FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです
太ももの裏側の筋肉を総称してハムストリングスといいますが、このハムストリングスがしっかり使えている方と、うまく使えていない方とがいらっしゃいます。
この筋肉は、主に「膝を曲げる」「股関節を後方に引く」などの働きをしていて、立つときの姿勢維持にも関わります。
また、走る、歩くといった際には、アクセルの役目がありますから、この筋肉がうまく使えていない場合、まず立ち姿勢のバランスが崩れてきます。そして、歩く/走る際のスピードが落ちます。さらに、膝や股関節、腰などの不調を呼び込む要因にもなります。
膝周りの筋肉を鍛える、という場合、多くの場合、太ももの前側の大腿四頭筋をターゲットにしますが、ハムストリングスがおろそかになっていることが多いようですね。
もちろん筋力という点だけではなくて、柔軟性という点でも意識が向けられていないことが多いようです。


昨日の夜、無性に肉を頬張りたくなって奥さんにリクエスト。
出てきたのは、鳥の骨付きモモ肉の塩焼き。
時間も遅かったので、網焼きにしてくれたようです。

この肉を頬張りながら、ふと思う・・・

「今食べている部分ってハムストリングスだよな・・・」

思わず、鳥モモ肉の関節部分を、曲げたり伸ばしたり、しばしの関節遊び。

そんなことをしていたら
「あれっ 火通っていなかった?」
という奥さんの声。

「大丈夫ー」

我に返って、残りを美味しくいただきました。

鳥のモモ肉と言うと美味しそうに聞こえますが、鳥のハムストリングスと言うと美味しそうに思えないのは、職業のせいなのでしょうかね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5782-b6139fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック