FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/09

アプローチの方法は異なりますが、我々が行っている徒手療法によって、

自律神経症状の軽減が得られることの一つの証明になる報告です。




自律神経失調症 首の凝りが影響

筋肉治療で症状治まる
 持続的なめまいや頭痛、体調不良などを訴える自律神経失調症患者に対し、首の筋肉の凝り、異常などを解消すると、9割以上の患者で症状が治まることを、東京脳神経センター(東京都港区)の松井孝嘉理事長(脳神経外科)が7日の日本自律神経学会で発表した。

 松井理事長は、長期に症状を訴える自律神経失調症の患者は、重い頭を支える首の筋肉に痛み、硬さなどの異常が多いことに着目。2006年~08年5月にかけて同センターに自律神経失調症で入院した265人に対し、首の筋肉の異常をなくす治療を実施したところ、92・5%が1~3か月で治癒した。

 治療は、痛みや異常が首のどこにあるか36か所をチェック。それに基づいて低周波治療器、温熱療法、はり・きゅう、ビタミンB群投与などを組み合わせる。外来での治療も可能だ。

 松井理事長は「自律神経失調症は30~40歳代の首の細くて長い、なで肩の女性に多い。長時間のパソコン作業などは首に負担がかかるので、15分おきに休むことが大切」と話している。

(2008年11月14日 読売新聞)



首の筋肉のコリを解消することでもたらされる効果は、

一般に考えられているものより非常に大きいものです。


「自律神経症状の原因が首にある」というようには考えておりませんが、

自律神経バランスを整えるきっかけづくりに、首へのアプローチが、

効果があるということを、脳神経外科の医師が発表してくれたことは、

長期に症状を訴える自律神経失調症の患者さんにとって、

希望を与えてくれますね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/5982-f81e0ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック