FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/09

今ではすっかり、“デトックス”という言葉も日常的に使われるようになりましたが、このデットクスの効果をうたう製品は、調査結果によると、ほとんどが、「無意味」 なんだそうです。

「デトックス」製品は無意味?英科学者団体が指摘

 多くの人びとがクリスマスから新年にかけての疲れを引きずったまま仕事始めを迎えた5日、英国の科学者らの団体が「デトックス」製品には効果がほとんどないとする調査結果を発表した。

 300人以上の大学院生や博士号取得者でつくる「Voice of Young Science(VoYS)」が行った調査によると、「デトックス」ついて同じ定義を用いている企業は1社としてなく、各社が主張するデトックス製品の効果もほとんど「無意味」なものだったという。

 さらに、デトックスという言葉は「足用パッチからストレートヘアアイロンにまであらゆるもの」に使用されているものの、デトックス作用がどういうものなのかについて信頼性や一貫性のある説明はなかったという。こうしたことから、VoYSは、デトックスは薬物中毒や中毒症状に対する治療行為以外では意味がないと主張している。

 調査結果をまとめた1人で生物学者のHarriet Ball氏は、「現代の生活様式によって、われわれの周りには、専門用語だらけの医薬品を買わない限り対処できない、目に見えない毒素があふれているとの考え方の下、『デトックス』は売り込まれている。われわれの調査の結果、デトックス製品の効果はほとんどない、もしくは証明できないことが明らかになった。金の無駄だし、自然治癒力を軽視することにつながる」と指摘した。

 また、物理学者のOliver Fenwick氏は、デトックス産業が大成功を収めていることを認めた上で、「デトックス産業は宣伝文句がすべてだ。デトックス製品を注意して見ると、こうした製品の大半は体がもともと持っている治癒力以上のことは何もできないことがわかるはずだ」と語る。(c)AFP
【1月6日 AFP】


以前、デットクスについて は、ブログにもアップしているのですが、そこにも書いてあるとおり、デトックス=解毒は、特別新しいものではなく、古代の頃より、行われてきた自然なスタイルの健康法の一つです。

このデットクスをより自然な形で行うには、

・十分な水分補給(1日に1.5~2リットルの水)
・生活リズムの改善(とくに朝の排便習慣をつけること)
・老廃物と毒素の排出がスムーズにするための適切な入浴(岩盤浴もOK)や整体・リンパマッサージなど。
・たまねぎ、ネギ、にんにく、緑黄色野菜、海藻類など、食物繊維の豊富な食材の摂取
 (無農薬や有機栽培のものならなおよい)。

などといった方法がありますが、こうして見てみると、特別、「デトックス製品」というものを利用しなくても、日常の生活の中で十分行えるものではないのかと思います。

それでも、蓄積された不要なものが排出しきれない時に、補助としてそういった製品を使ってみるのが良いのかもしれませんが、研究報告の文末に、

デトックス製品を注意して見ると、こうした製品の大半は体がもともと持っている治癒力以上のことは何もできないことがわかるはずだ」

と、ありますので、過度な期待はしない方がよいようですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/6045-344fab92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック