FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020/09

目覚まし時計に頼らず、自発的に目覚めると、

朝だけでなく、昼間の覚醒度も上がるという研究結果が出たそうです。

私は、目覚まし時計でも、なかなか起きられないのですが…(苦笑)。

「起きる時間を強く意識する訓練を1週間続けると、

 8割が目標時刻の前後30分以内で目覚めることができた」

という研究結果もあるようなので、一週間、頑張ってみようかなぁ。


まぁ、本当の意味で深い眠りに入れた後は、

活動モードへの切り替わりに時間を要するもの。

そう、幼い子供の寝起きのように。


目覚まし時計頼るな…自発的目覚めは頭スッキリ

 目覚まし時計に頼らず、朝起きる時間を意識して自発的に目覚めると、朝だけでなく昼の覚醒度も上がることが、国立精神・神経医療研究センターの池田大樹研究員の研究でわかった。

 27日から秋田市で始まる日本睡眠学会で発表する。

 池田さんは、15人の男性(平均年齢41歳)に目覚まし時計を使う場合と使わない場合で、5時間の短めの睡眠をそれぞれ4日連続でとってもらい、数字に反応してボタンを押す簡単なテストで覚醒度を比較した。その結果、寝不足がたまった4日目では、起きる時間を意識して自発的に目覚めた方が、テストの反応時間が朝で12%、眠気が強まる午後2時で20%短く、覚醒度が高かった。自身で感じる眠気には差がなかった。

 池田さんの過去の研究では、起きる時間を強く意識する訓練を1週間続けると、8割が目標時刻の前後30分以内で目覚めることができた。

 池田さんは「十分な睡眠を取るのが一番良いが、取れない場合も、起きる時間を意識して自発的に目覚めることで、覚醒度を高めることができる。目覚まし時計に頼らない生活を試してほしい」と話す。(読売新聞:6月23日(日))

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/7821-19c7da67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック