FC2ブログ
「カイロプラクティックたんぽぽ」院長のブログです

2020/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2020/07

本日、肩甲骨の制限がものすごく強かった方に対して、

それをリセットする施術をしました。

単純に、動くようになればいいという方法論ではなく、

本人も自分の肩甲骨を、ちゃんと認識できるようにという方法論です。

本人が、肩甲骨の輪郭を認識し始めた時、

「思っていたより、肩甲骨は小さいんですね」と仰っていました。

周辺の緊張が強いと、その緊張と肩甲骨への感覚が混ざって、

実際より大きな物体として肩甲骨を認識しているケースは多いです。

それから、肩甲骨は、背中、カラダの真後ろにあるわけではなく、

思っているより、カラダの横(側面の方)にありますが、

その位置についても、

自分で思っていた位置と違っていた(誤認識していた)と話していました。


肩甲骨の輪郭や、位置などの感覚が正常な方向に整理されていくことで、

動きも、無理のない自然なものへと近づいていきます。

動かしたい対象の実像(大きさ、形、重さ、位置・・・)を

きちんと把握しているからこそ、正しい動きが可能になるのです。


動きを出力、感覚することを入力とすれば、

スポーツでも、エクササイズでも、出力の方が強調されがちです。

ですが、

「きちんと認識する」

という入力情報の整備があればこその、出力なのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://tampopoinchyo.blog.fc2.com/tb.php/8638-be5645db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック